FC2ブログ
和菓子の道の途中・・・
2008年10月27日 (月) | 編集 |
和菓子の道を歩んでいる途中の様子です。

鮎焼こて
求肥(ぎゅうひ)を包んだ鮎のボディに
”顔”をジュッ・・・(焼印)

鮎大漁
そんなわけで鮎が大漁。

昨日持ち帰った和菓子を今日試食。
お教室でいただいたのは出来立てホヤホヤのもの。
それはそれでおいしく頂いたのですが、
1日経ったものを改めて頂いて見ると
昨日より味が落ち着いて一段と美味しかった感じ。

むかし習った酒饅頭が作りたくなってきたなぁ~・・・
スポンサーサイト




和菓子の道へ?
2008年10月26日 (日) | 編集 |
今日はいつも通っている吉祥寺ケーキセミナー
和菓子特別講習に行ってきました。

長年通っていながら、和菓子の特別講習の参加は初めて。
和菓子担当の先生に「そうだったの!?受けていたかと思ってたわ!!」
と驚かれたほど。(゜ー゜;Aアセアセ
基本クラス(本科)のカリキュラムに組まれていた和菓子を習った以来のレッスンでした。

鮎焼
時期はずれですが、初夏の訪れをあらわす「鮎焼き」

吹雪饅頭
雪の所々から土が顔を出す光景を表現した「吹雪饅頭」

曙羊羹
夜が明け始め、うっすらと空が明るくなり始める様子を表現した「曙羊羹」

どれも情緒あふれる和菓子ばかり。
日本人本来の心に触れたような・・・なんだか心地よい気分となりました。

日頃は洋菓子やパンなどの西洋食文化と触れ合っていることが多いせいか
余計にそう感じたのかもしれません。

私が本職としている分野とは異なりますが、
和菓子の世界も深く、興味深い世界です。
先生の講義の内容など・・いつになく真剣にメモをしている自分がそこにいました。(笑)

これからは和菓子講座にも積極的に参加したいなぁ~と思います。
(今更ながらで先生すいませ~んっっ)

ってことで、くころに和菓子が並ぶのも時間の問題です。(爆)
11月の教室・日程変更
2008年10月24日 (金) | 編集 |
突然で申し訳ありませんが
都合により、11月のレギュラークラス(ライ麦のカンパーニュ)の
平日・昼クラスの日程を変更させていただきます。

11/4(火) 10:30 → 11/7(金) 10:30 になります。

あと2名 空席がありますので
ご希望の方はメール または 電話にてお知らせください。

くころCafe教室案内→こちら
ワインの会・カルトナージュ 申込み受付
2008年10月23日 (木) | 編集 |
先日もお伝えしました
友人のサポートによる「ワークショップとイベント」について
詳細が決まりましたので
お申込み受付を開始いたします。

【カルトナージュ教室】
カードフォルダー
~~作品例:カードフォルダー~~

詳細はこちらからどうぞ
http://park16.wakwak.com/~j-promenade/cartonnage.htm

数日前より受付開始しておりますが
まだ空きがあります。
お気軽にお問い合わせください。

【ワインを楽しむ会】
ワイン会2007

昨年、ボジョレー・ヌーボーの解禁にちなんで開かれたワインの会。
昨年の様子はこちら
今年は、ヌーボーからは離れ、フランスワインを代表する
ボルドーとブルゴーニュから赤白それぞれセレクト。
地域と品種の違いを楽しめる内容でお届けする予定となっています。

昨年同様、くころのお料理を囲んでの試飲会です。
肩肘張らず、気軽に楽しめる内容となっていますので
これを機会にワインのことを少し知りたいなぁ~という方大歓迎です!

友人のプチレクチャーを交えながらワインを飲み比べ、
ワインにあったお料理を同時に楽しむ♪
そんな感じのイベントです。

-開催日-
▼11/14(金) 18:30~
▼11/15(土) 17:00~

-参加費-
4,000円程度を予定(お料理含む)
参加人数・ワインの種類によって多少変動します。

お申込み方法など
当店HP イベントページをご参照ください。
http://park16.wakwak.com/~j-promenade/E11.htm
11/8(土) 〆切り

ご質問などもお気軽にどうぞ。
お申込み、お待ちしております!
Basic class【洋梨のタルト】
2008年10月20日 (月) | 編集 |
秋です。
10月です。
ラ・フランスです!!
Basic洋梨タルト
ラ・フランスの季節がやってきました。

今日はBasic classお菓子4回目【洋梨のタルト】のレッスン。

タルトの基本中の基本。
パート・シュクレを敷きこみ、クレーム・ダマンドを流し込んで
フルーツと共に焼き上げる定番の作り方。

ラ・フランスは自家製コンポート。
ちょっとめんどうだなぁ~・・・なんて思いがちですが、
やってみるとコンポートも「あら、簡単!?」

安い缶詰めを買って、味のいまいちなタルトを作るより
季節物の「お買い得な果物」をGETして自家製コンポートにするほうが
経済的にも、満足度も100点です☆

1年ぶりの洋梨タルト♪
やっぱりおいしかったぁ~~♪♪

しかも、焼きあがって粗熱の取れた絶妙なタイミングでの試食。
シュクレはサックサク、ダマンドはしっとりやわらか・・
まだほんのり温かい洋梨のコンポートは香りも高く美味!!
これぞお菓子教室の醍醐味
さすがに自家製ケーキをご提供しているCafeでも
このタイミングでお客様に召し上がっていただけるのは少ないのです。。

なので、教室ならではの特典と言っても過言ではありません。

今日ご参加くださった皆さんにもご満足いただけたようで良かったです!

ラ・フランスはまだまだ出始め。
これから11月くらいまで長い期間楽しめるので、是非お家で作ってみてくださいね!

くころCafeでも近々Cafeのメニューとして登場します。

ちなみに今週のメニューは、この洋梨のタルトをアレンジしたもの。
リンゴのブラウンタルトです。
キャラメリゼソテーしたリンゴをブラウンシュガー風味のクレーム・ダマンドに敷き詰め
焼き上げました。
キャラメルの香ばしさとブラウンシュガーのコクがおいしいタルトです。
どうぞ楽しみに。
スコーン・復活☆
2008年10月18日 (土) | 編集 |
新スコーン
バターの入手が不安定なことを理由に、くころの人気メニュー
「焼きたてスコーン」をしばらくお休みさせてもらっていました。

1年近く悩まされてきたバター問題。
先月頃からボチボチ落ち着きが見えてきたので
この度、スコーンの製作を再開することにしました!

当分の間、プレーンスコーンのみ のご提供となります。

そのプレーンスコーン、
この復帰を機にレシピを少々改良いたしました。

かなり甘さ控えめだった以前のレシピ。
グラニュー糖 → きび砂糖 に変更し、添加量も

そして
もうちょっとしっとり感がほしかったので
牛乳の一部を 生クリームに。
しっとり感だけでなく コクもプラスされました。

以前よりも少々甘みを感じ、しっとりとより食べやすく
風味も増しました。
要するに、ちょっとリッチなスコーンにグレードアップってわけです

そのため、価格変更させていただく結果となってしまいましたが、
今まで以上にご満足いただけるスコーンとなったと思います。

★プレーンスコーン(シングル) \200
   ~スコーン1個+自家製ジャム または 美瑛産はちみつ どちらか1つ
★プレーンスコーン(ダブル)   \400
   ~スコーン2個+自家製ジャム&美瑛産はちみつ
★お持ち帰りスコーン      \130


そして、そして
自家製ジャムについて。
ジャム&はちみつ
今までブルーベリージャムをご用意していましたが
(時々バナナジャムも)
季節のジャムとして いちじくジャムもご用意しています。

シングルスコーンをご注文の方は
ブルーベリージャム・いちじくジャム・はちみつ からいずれか1つをお選びください。
ダブルスコーンをご注文の方は
上の3種類の中から 2種類お選びください。

今後も「季節のジャム」として、季節のフルーツを使ったジャムをご用意できたらいいなぁと
思っていますので、どうぞお楽しみに!
(これからはラ・フランスとか、リンゴとか♪秋の名残でブドウもいいかも♪)
私個人的にも「ジャム作り」という楽しみが増えてワクワクします。

生まれ変わった くころのスコーンを今後ともどうぞヨロシクお願いいたします!!



PS:ある日の私。
試食のためスコーンを1個焼きました。
半分食べて、半分は1日おいて味の変化をみるつもりだったのに
我慢できなくて1個ペロリと食べてしまった・・・
ふるさと
2008年10月16日 (木) | 編集 |
先週から始まったドラマ「風のガーデン」
こりゃー観るしかないでしょう。

昨日の夜、先週の放送分をやっと観ました。

山頂の残雪、雪解けが乾いたばかりの畑・・・
春の息吹を感じる時期のワンシーン。

2006.4麓郷
-2006年4月下旬の富良野・麓郷-

気がついたら自分の顔がほころんでました。
と同時に泣きそうになるくらいの懐かしさがこみ上げてきました。

たった半年の富良野・麓郷での生活でしたが
私にとって ものすごく影響力の強かった半年。

あれから2年。
ふと今日の日付を見たら10月16日。
ちょうど2年前、富良野から東京に帰ってきたその日だったことに
気がつきました。

美瑛のペンションで知り合ったYukiちゃんと東京で会う約束をしてお別れをし、
旭川駅では旭川に住むEtsuちゃんが電車が発車するまでホームで見送ってくれました。
地元・八坂駅に着いたときには、新しくオープンしていたCrochet(クロシェ)の
存在に気がつき、「これは近々覗きに行かなくてはっ!?」と思いながら
自宅に向かったのを今でも鮮明に覚えています。

2006.4星人の宿
-住込みしていたペンション「星人の宿」2006.4月撮影-

来年こそ・・富良野に帰りたいなぁ~・・
私の第2のふるさとですから。。

私の富良野生活
2006年4月~10月のブログをご覧ください。
もう1つのお知らせ
2008年10月14日 (火) | 編集 |
Cafeのケーキで作ったことのある「リンツァートルテ」
こちらの作り方を教えてほしいとのご要望をいただきました。

こちらはオーストリアの伝統菓子。
シナモンをきかせた生地にフランボアジャムをサンドして
焼き上げたとってもおいしいお菓子です。

焼菓子ですので日持ちも良く、
プレゼントなどに向いています。

リンツァートルテ
リンツァートルテ(手前)

お店では
丸く焼いて「リンツァートルテ」としてCafeのケーキに
四角く焼いて小さくカットし「リンツァーシュニッテン」として
焼菓子コーナーにご用意したことがあります。

来月、こちらのリンツァートルテのお菓子教室を
フリークラスで開講いたします。

【リンツァートルテ教室】
■11/24(月・祭日) 13:00~15:30終了予定

募集人数:6名まで(空席:あと5名)
受講料:3,000円(お食事はつきません)

難易度:中級
クッキーやパウンドケーキの作り方をご存知の方だったら
わりと簡単に思えるかもしれません。


お申込みはメール、電話、店頭にて受付いたします。
よろしくお願いいたします。
イベントのお知らせ
2008年10月13日 (月) | 編集 |
先日もチラッと予告した
今後のイベント情報についてお知らせです。

■2008・秋 ワインを楽しむ会■

昨年、ボジョレー・ヌーボーにちなんで開かれた「ワインの会」
今年も行います!
内容は、今年はボジョレー・ヌーボーからは離れて
友人(昨年レクチャーしてくれたSaoriさん)お薦めのフランスワインを
囲んでの会となる予定です。
幅広く楽しめるよう 赤・白 両方揃える予定。

①11/14(金) 夜
②11/15(土) 夕方


■カルトナージュ教室■

厚紙を組み立て、布や紙で覆われたフランスの伝統手工芸。
こちらも友人の力を借りて、カルトナージュ未体験の方を対象に
初心者向けのカルトナージュレッスンを開催いたします。

お手軽で実用的な作品を制作予定。
カルトナージュ終了後は、くころのケーキとお茶でティータイム。

12/1(月) 午後(12~15時ごろを予定)


どちらも時間や参加費などの詳細が未定です。
決まり次第こちらのブログやHP内にお知らせいたします。

お申込みの受付はまだですが、
現段階でご参加を検討中の方や
詳細のお知らせをいち早く知りたい!!という方など
こちらからのメール配信をご希望の方は
cukoro_cafe@yahoo.co.jp
までお知らせください。

取り急ぎ、日程が決定しましたので
お知らせいたしました。

よろしくお願いいたします。
パンの日~2008.10~
2008年10月12日 (日) | 編集 |
0810パンの日1
朝は雨がしとしと・・・
でも、開店間近のお昼ごろには雨も上がり
午後にはお天道様も顔を出し、眩しすぎるほどの日差しを
窓から差し込んでくれました。

先日10/11(土)は 10月のパンの日。

今月も楽しみにしてご来店くださったお客様、
そして、偶然販売会を知ってご来店くださったご新規のお客様、
みなさまありがとうございました!!

今週は「北海道直送・みのむしミルクSweets」をお楽しみいただける1週間でもあり、
シュークリーム・かぼちゃプリン・ミルクアイスと
ともに楽しんでいただけたパンの日となりました。

かぼちゃプリン
みのむしミルクと北海道かぼちゃで作った「かぼちゃプリン」

0810パンの日2

今月のメニューは

<定番>
■ミニ食パン
■天然酵母のリュスティック

<今月のパン>
■ベーコンエピ
■きのこピザ
■カマンベール
■南瓜あんパン
■シナモンアップル
■練乳クリームのソフトフランス
■いちじくのライ麦パン

<今月のサンドイッチ>
■ポテトと卵のサンドイッチ
■照焼チキンドッグ


秋の素材を使って、季節を感じるメニューをお届けしました。

今回の新メニューでのお気に入りは「シナモンアップル」
中身はアップルパイのレシピを参考にした
リンゴの甘煮(シナモン風味)。
パン生地は「パイ生地」を意識して、卵とバターでコクをつけ
焼き上げるときには、有塩バターをグラニュー糖を乗せて
さらに風味をUP。
「お手軽アップルパイ」的な仕上がりに満足♪

やっぱり素材豊富な秋はいいなぁ~~~★

今月もおかげさまで無事パンの日を終えることができ
ホッとした気持ちで週末を過ごしております。
また来月も喜んでいただけるようなパンを焼いてお待ちしています!